面接や職場で好印象を与える身だしなみ

アルバイトを始めたいと考えている人は、まず社会人としてのマナーについて勉強する必要があります。
働いて収入を得るためには、相手に対して信頼感を持ってもらわなくてはなりません。
仕事を任せても大丈夫であるという印象を与えられなければ、面接で受かることも難しいのではないでしょうか。
アルバイトの面接に行く際は、まずは自分の身なりをチェックするところから始まります。
できれば、履歴書に貼る証明写真を撮る前にチェックするのがよいでしょう。
まずは髪型です。
髪はボサボサだったり伸びていたり、白髪が混じっていると不潔なイメージを与えてしまいます。
男性の場合は伸びすぎた髪をきちんと切り、女性の場合はロングヘアであればひとつにまとめておくとよいですね。
ヘアカラーは明るすぎてはいけないという職場もあるので、黒髪かダークカラーにしておき、白髪がある場合は目立たないように染めておきましょう。
次に、服装ですが、面接に行く際は基本的にはスーツスタイルが無難です。
学生の場合は制服や目立たない服装でよいでしょう。
ジーンズなどは普段着として見られますので、面接では身につけないほうがよいです。
清潔感のある髪型ときちんとした服装であれば、身だしなみの行き届いた信頼できる人物という印象を与えることもできるでしょう。
また、他にも気をつけたい点としては、華美なアクセサリーやネイル、きつい香水などは面接には不向きです。
その職場のイメージを崩さないような服装を心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です