がらりと変わる印象とは

社会人の身だしなみは大切なマナーのひとつです。
相手への印象を大きく変えます。
服装だけでなく、髪型や鞄や靴、女性はメイクまで人は驚くほど一瞬で見た目で人を評価します。
社会人になる前、それこそ学生の頃の格好は流行に左右されたり「自分はこのファッションが好きだから」と相手より自分を重視したものであります。
まあそれが自然な事でもありますよね。
しかし社会人の身だしなみはマナーであり、自分本位になると相手を不快にしたり勤務先の会社のイメージさえも悪くさせてしまいます。
では、どのような格好であれば印象を良くするのでしょうか。
究極の一言をいえば「一緒に歩いても恥ずかしくない人」に限ると思います。
自分ならどんな人となら一緒に歩きたいのか歩きたくないのかイメージしながら決めていきましょう。
服装は自分の体にあったスーツを着ているか?ピチピチのパンツ、短か過ぎるスカートになっていませんか?
特にスカートは座った時に際丈が上がりますので、その辺も考慮して丈を選びましょう。
シャツの襟が整っているかもしっかり確認するのもいいでしょう。
髪型は顔が隠れたり、整髪料の臭いは強くないですか?鞄や靴は磨かれていますか?古くても綺麗にしておきましょう。
女性の場合、メイクが濃すぎたり、つけまつ毛をつけたりしていませんか?出来るだけ清潔感がありナチュラルメイクを心がけましょう。
当たり前のようですが、実際このような事が出来てない社会人に出くわす事があります。
人を「見た目で判断してはいけない」と分かっていますが、面接では短時間でその人がどうゆう人が見極めなければいけないので、やはり見た目が勝負です。
マナーを守れる人と仕事をしたいのは皆一緒ですよね。
ですから身だしなみによる印象は大切にしたいものです。
そういえば、そんな身だしなみが気になる人が参考になるようなサイトを発見しました。
自分はちゃんとした身だしなみが出来ているのか気になる人は、一度チェックしてみてください。⇒こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です